セミリタイアを目指す30代の資産推移

生き方の悩み
この記事は約3分で読めます。
ノッポ
ノッポ

こんにちは、ノッポです。

セミリタイアへ向けて、5年間でどのくらい資産を増やしたのか振り返ってみました。

5年間での資産運用の結果は5000万の増加

私は29才(2014年)のときに資産運用を始めました。

それまでは本や新聞を読むようなタイプではなく、「資産運用」や「セミリタイア」という言葉すら知りませんでした。

2014年当時の私の貯金額は500万円

それから5年経過した今(2019年)、純資産額は約5,500万円(5000万円の増加)になりました。

(純資産という言葉を聞いたことがない方もいると思いますので、後日、記事にしたいと思います。ここでは「純資産」=「現金相当額」と考えてください。)

もし、サラリーマン所得だけを貯金していたら?

仮に、資産運用をせずにサラリーマン所得だけで貯金していたらどうなっていたか計算してみます。

2014年から2019年までの5年間、 毎年なんとか200万円を貯金し続けたとすると、
5年 × 200万/年 = 1,000万 を貯めることができますので、元の貯金500万円を追加しても、資産は1,500万円にしかなっていないことになります。

つまり、普通に貯蓄だけだと1,500万円で、投資をしていたおかげで5,500万円
その差は4,000万円! これは正直、自分でもびっくりしました。

どのように資産を増やしてきたか?

では、どのようにして同じ5年間で5,500万円まで資産を増やしたかというと、
サラリーマンの給与所得とは別に資産運用をしてきました。

その資産運用とは中古の区分による不動産投資です。

(新築区分ではありません。「よく区分は損をする」と言われますが、それは新築区分だからです。)

聞きなれない言葉が出てきたと思いますので、用語を簡単に説明します。

Q:区分とは?
A:マンションの建物丸ごと を一棟(いっとう)といいます。それに対して、マンションの一室のことを区分(くぶん)といいます。

不動産投資で資産を作るとは? 

不動産投資で儲ける方法は主に2つあります。

不動産投資で儲ける方法
  1. キャピタルゲイン:500万で買った不動産を600万で売るなど、値上がりで儲ける
  2. インカムゲイン:不動産を人に貸し出すことで、家賃で儲ける(=大家になる)

私の場合は、2つの組み合わせで資産を大きくしてきました。

また不動産による毎月のキャッシュフローは毎月50万円(2019年時点)となっております。

Q:キャッシュフローとは?
A:イメージとしては、家賃収入から色々な費用を引いた手残り(色々な費用については別で記事にします)

なぜ不動産投資の中でも区分なの?

色んな方が不動産投資で資産を大きくしておありますが、やはり前々からやってきた方たちの知識量ははんぱないです。

その方たちはお金もたくさんありますので、一棟マンション/アパートなどを買い続けております。

そんなプロのような方たちのいる分野(一棟物)では戦わず、小ぶりな区分で戦っていくのが良いのではないかと感じています。

いや。正直言うと、いきなり一棟マンションを数億円で購入するなど恐ろしくてできませんでした。

色々な不動産投資の中でも私はリスクが少なくて、知識もそこまでなくても進められる中古区分がいいと思っております。

 詳細はこちらの記事にまとめました。
 不動産投資の種類とメリット・デメリット【実体験あり:初心者向け】

一般的に、多くの人が「区分は儲からない」と言います。
それは正しくもあり、間違いでもありますので、そのうち記事にしたいと思います。

まとめ
  • 元の貯金は500万からスタート
  • 「中古」区分の不動産投資で純資産を作り上げた
  • 5年間で純資産は5,500万になった→ちょうど5年後の2019年11月末には6,000万でした。
ノッポ
ノッポ

それではまた!

The following two tabs change content below.
ノッポ

ノッポ

30台中盤、仮セミリタイア(育休)中です。 貯金500万→不動産投資スタート→5年で純資産5000万円UP→法人設立→ブログ開始│目標はセミリタイア・海外移住│築古の区分ワンルームが投資のメイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました