なぜ不動産投資がおすすめなのか?(借金と物価上昇)

不動産投資
この記事は約5分で読めます。
ノッポ
ノッポ

こんにちは!
本業はサラリーマン、副業で不動産投資をしているノッポです。
(純資産の推移はこちら:セミリタイアを目指す30代の資産推移

私は、不動産投資をして、5年間で5000万の純資産を増やしてきました。

そのため資産を増やす目的なら不動産投資がおすすめだと思っていますが、その理由ひとつ、借金と金利上昇について今日は書きたいと思います。

日本が国として借金を抱えていることを、ニュースで見たことはありませんか?

なんと国の「借金」は1103兆円もあるそうです。

財務省は10日、国債や借入金を合計した「国の借金」は2019年3月末時点で1103兆3543億円だったと発表した。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO44639590Q9A510C1EA4000?s=1

そして今、国が頑張っていることのひとつが「物価上昇」2%。

日本銀行は、2013年1月に、「物価安定の目標」を消費者物価の前年比上昇率2%と定め、これをできるだけ早期に実現するという約束をしています。

https://www.boj.or.jp/mopo/outline/qqe.htm/

この国の借金と物価上昇が、今回のテーマです。

結論から言うと、

  • 国は物価上昇させることで、借金を軽くしようとしている。
  • この流れに乗って借金をして不動産投資した方がいいのではないか?

という主張です。

それでは、「物価上昇」と「借金」のキーワードについて、私なりの解釈をお伝えしていきます!

物価上昇の例

まずは「物価上昇」について、例をあげて考えてみましょう。

皆さんはお菓子は食べますか?

私は昔からチョコやスナック菓子が好きで、今も小腹が空いてはお菓子をつまんでいます。笑

スーパーやコンビニに行くと、「このお菓子、前より小さくなったな」とか「あれ?10個入りが8個入りに減ってる」などと気づくことがあります。

不動産投資の初心者・陽太
不動産投資の初心者・陽太

なんかちょっと悲しくなりますよね〜

数年前までは「気のせいかな?」と思っていたのですが、どうやら気のせいではなかったようです。

例えば、板チョコの値段は、以下のように変化しました。

板チョコ1枚の値段

2006年 75g / 100円

2019年 50g / 100円 = 2006年と同じ75g買うには150円必要

チョコを昔と同じだけ買うのに、1.5倍のお金が必要になっています。

物の価値が上がった(物価上昇)ために、お金の価値が相対的に下がってしまったんです。

もう少し長期間で比較してみましょう。

例えば、タバコの値段は、以下のように変化しました。

タバコ1箱の値段

1985年 200円

2019年 480円(約2.4倍に上昇)

はがきの値段は、以下のように変化しました。

はがき1枚の値段

1985年 30円      

2019年 62円(約2倍に上昇)

もし私が、昔に62円の貯金をしていていたら、今もその貯金残高は62円。

ノッポ
ノッポ

貯金の利息は無視します。今はほぼゼロなので。

貯金していた62円で、何枚のはがきが買えるでしょうか?

答えは簡単ですね。
1985年なら2枚ですが、2019年現在で買えるのは1枚。

貯金の額は変わっていないのに、買えるはがきの数は昔の半分です。

何が言いたいかというと、物価が上昇していくうちは、貯金だけをしていると、気づかないうちに、相対的に資産が減っているということです。

まさにリスクを取らないリスク資産運用をするリスクを取らないで貯金だけする。もしかしてそれこそがリスクとなっていないだろうか?

不動産投資の初心者・陽太
不動産投資の初心者・陽太

がんばって貯金していたのに価値が減ってたなんて…

ノッポ
ノッポ

ショックだよね。
でも、だからこそ次の話を聞いてほしい!

相対的に価値が落ちている貯金だけをしていてはダメ、じゃあどうすればいいか?

そこで知っておきたいのが、もう1つのキーワード「借金」です。

借金と物価上昇の関係

例えば、昔に1枚30円のはがきを、親から3,000円借金して100枚(3,000円分)買っていたとしましょう。

はがき100枚の値段は、今は6,200円です。

1985年 30円/1枚なので、3,000円/100枚(借金3,000円)       

2019年 62円/1枚なので、6,200円相当/100枚(借金3,000円) 

ここで注目してもらいたいのは、借金の額が変わっていないことです。

昔買った100枚のはがきを今売れば、6,200円が手に入ります。

元々の借金3,000円を返しても、手元に3,200円が残ります。

円を物(はがき)に変えたことで資産が増えました。
借金のお金はというと、物の価値が上がったことで、円の価値(当時の借金の価値)が下がっているわけです。

政府が物価上昇 年2%を目指している理由の1つは、上記のようなカラクリを実現させるためだと思われます(他にも色々な理由がありますが)。

物価を上昇させて、円(借金)の価値が下がったときに、一気に借金を返済するとお得ということです。

物価上昇を利用して生きるには?

物価上昇という、政府がつくる大きな流れに対して、個人で抗うことはほぼ不可能です。

だとしたら、この大きな流れに乗った方が良いのではないでしょうか。

つまり、お金という形(貯金)に100%投資するのではなく、価値の下がる借金をして、価値の上がるであろう物(不動産など)を買っておくということです。

まとめ:物価上昇の流れに乗って資産形成を

ノッポ
ノッポ

本日のまとめです!

  • 物価が上昇している時は、お金の価値は相対的に下がる
  • 貯金の価値も下がるので、貯蓄だけをしていてはリスクがある。
  • 物価上昇の背景には、国が借金を軽くする狙いがあるのでは?
  • 物価上昇の流れを利用して、私たちも借金して不動産投資をした方がいいのでは?

以上から、私は不動産投資をおすすめしますし、今後も続けていきます。

不動産投資の勉強方法

不動産投資がおすすめといわれても、何から始めたら良いかピンと来ない、という方もいますよね。

お金や不動産投資について、自分でいちから勉強するのは、なかなかハードルが高いものです。

私は効率よく知識を身につけたい方は、無料のセミナーやスクールに通うのも選択肢の1つだと考えています。

スクールについては、無料の体験学習会が実施されていますので、興味のある方は参加されてみてはいかがでしょうか?

ノッポ
ノッポ

それではまた!

The following two tabs change content below.
ノッポ

ノッポ

30台中盤、仮セミリタイア(育休)中です。 貯金500万→不動産投資スタート→5年で純資産5000万円UP→法人設立→ブログ開始│目標はセミリタイア・海外移住│築古の区分ワンルームが投資のメイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました